無料労働面接相談のご案内


ニュースリリース(平成28年2月1日)
社会保険労務士おくむらおふぃす 

不当解雇・サービス残業・契約社員の雇い止め・退職強要・パワハラ・セクハラでお悩みの方
無料労働面接相談会を開催します!
労使トラブルとして解決可能か?
会社に金銭の支払いを請求できるか?
解決方法は?

労使トラブルに悩む労働者のための労使トラブル解決コンサルタント、社会保険労務士おくむらおふぃす(事務所:福
岡市中央区春吉2丁目13−19、所長:奥村隆信)は、労使トラブルに悩む労働者と、労使トラブルを真摯な対応で解
決を図りたい使用者のために、無料労働面接相談会を実施しています。

次回の無料労働面接相談会の開催は次のとおりです。
平成28年2月15日(月)13時〜17時 大野城まどかぴあ201会議室
平成28年3月10日(木)13時〜17時 大野城まどかぴあ201会議室
平成28年4月14日(木)13時〜17時 大野城まどかぴあ201会議室
会場アクセスはこちら

無料労働面接相談をご利用ご希望の方は、以下の時間帯でご希望の時間をお選びいただいた上で、電話またはメー
ルにてご予約下さい。予約なしで当日会場にお越しいただいて構いませんが、先に相談者がいる場合は、会場でお待
ちいただくこともありますので予めご了承ください。

(平成28年2月15日 月曜日分)
回数
第1回目
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
時間
13時〜(50分)
14時〜(50分)
15時〜(50分)
16時〜(50分)
予約状況
※○は予約可、×は予約有
(平成28年3月10日 木曜日分)
回数
第1回目
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
時間
13時〜(50分)
14時〜(50分)
15時〜(50分)
16時〜(50分)
予約状況
※○は予約可、×は予約有
(平成28年4月14日 木曜日分)
回数
第1回目
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
時間
13時〜(50分)
14時〜(50分)
15時〜(50分)
16時〜(50分)
予約状況
※○は予約可、×は予約有

無料労働面接相談予約番号はこちらの番号をダイヤルしてください⇒050-3615-6122
                                     (開催日当日のお電話は090-9480-5420まで)
無料労働面接相談予約メールアドレスはこちらをクリックしてください⇒info@okumura-office.com

労使トラブル解決に精通している専門家は、弁護士だけではありません。特定社会保険労務士(特定社労士)は、労働
社会保険諸法令に係る手続や労務管理コンサルタントの専門家・社会保険労務士(社労士)として、さらに裁判外での
個別労働関係民事紛争解決のスペシャリストとして、解雇、契約社員の雇い止め、退職強要、未払い残業代、パワハ
ラ、セクハラ等に悩む労働者・使用者の紛争解決のお手伝いを行なっています。

社会保険労務士おくむらおふぃすの所長、奥村隆信は労働者のための労使トラブル解決コンサルタント・特定社労士
としてこれまでに2000件を超える無料相談に応じ、労働者のために、当事者間の直接交渉、裁判外のあっせん代
理、裁判所の労働審判手続本人申立て支援、簡易裁判所の本人訴訟支援等の方法を通じて、これまでに100件近く
の労使トラブル解決支援を行なってきました。

平成18年に労働審判制度が施行された年に、社会保険労務士として初めて労働審判手続の本人申立て支援に携わ
って以降、平成19年に特定社会保険労務士資格を取得し、以降労使トラブル解決コンサルタントとして、労使トラブル
に巻き込まれた労働者のために、労使トラブルを労働者のことを考えて真摯に解決を図りたいという使用者のために、
一心に紛争解決業務に邁進してまいりました。

不当解雇・契約社員の雇い止め・退職強要・未払い残業代・パワハラ・セクハラ等でお悩みの労働者の方、労働者の
ために真摯に紛争の解決を図りたい使用者の方、是非この機会に無料労働面接相談をご利用下さい。


でんわde無料相談をご利用ご希望の方はココをクリック>>でんわde無料相談
メールde無料相談をご利用ご希望の方はココをクリック>>メールde無料相談

ページメニュー
トップ
不当解雇
普通解雇
整理解雇
懲戒解雇
契約社員の雇止め
採用内定の取消し
試用期間
退職願の撤回
退職強要
あっせん・労働審判110番
賢い事業主の方へ
賃金
サービス残業
お水のための労働相談
セクハラ
パワハラ
あっせん
労働審判
労使トラブルQ&A
不当解雇…
でも職場復帰はしたくない
お知らせ
業務・料金案内
リンク
プロフィール
ブログ&メルマガ
特定社労士を志す方へ
メールde無料相談
でんわde無料相談
小冊子

トップへ
トップへ
戻る
戻る