全国対応 一生懸命に働くあなたのための
 

でんわde無料相談 050-3615-6122  携帯電話からは 090-9480-5420






 トップ
プロフィール
サイトマップ
業務・料金案内
無料冊子
無料相談






採用内定の取消し
このページのポイント
採用の内定によって、労働契約は成立しているのだから、内定取消しは、会社による労働契約の解約権の行使に当たること。よって、客観的に合理的な理由がなければ、採用内定取消しは認められないこと。
不当解雇の解決法を綴った無料PDF冊子です>>不当解雇で解雇予告手当を請求するな! ←ココをクリック

無料労働相談会開催


採用内定とは

会社が業務の必要に応じて、労働者を雇い入れるときに、一般には次のような過程を経ます。
1.会社による労働者の募集
2.労働者による応募(申込)
3.会社による応募者の審査
4.会社の承諾(就労の始期の明示)
労働者の応募に対する会社の承諾を一般に採用内定といいます。
採用内定は、就労の始期を定めた労働契約の成立と考えられています。
採用内定は、就労の始期までに、一定の要件に該当する場合には、これを取り消すことができることから、法的には、解約権留保付始期付労働契約と言われています。

採用内定の取消し

会社が採用内定の通知後、労働者の就労の始期に達する前までに、労働契約を解約することを、一般に採用内定の取消しといっています。
採用内定の取消しは、法的には、会社による留保解約権の行使ですが、労働者保護の観点から、会社の留保解約権の行使が無制限に認められるわけではありません。
判例によれば、留保解約権の行使が認められるのは「解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に合理的と認められ、社会通念上相当にして是認することができる」事実が存在する場合に限られます。
採用内定取消しが是認される事実とは
1.職務遂行能力や勤務態度などにおいて、採用内定時には知りえなかった、その会社における労働者としての適格性が欠如すると思われる事実が判明した場合
2.会社の経営状態の著しい悪化
などが考えられます。

こんな理由で解雇って、アリなの?とお悩みのあなた!
今すぐご相談下さい!!
でんわde無料相談は 050-3615-6122 又は 090-9480-5420
メールde無料相談は mail@okumura-office.com←ココをクリック

※お電話をおかけ頂いたときに留守番電話になっている場合があります。この場合で当事務所からの折り返しの電話を希望されるときは、メッセージに無料電話相談希望の旨とお名前、必ず相談者ご自身が出ることができる携帯電話番号をお残し頂ければ、後ほど当事務所から折り返しお電話いたします。折り返しの電話は携帯電話番号090‐9480‐5420からおかけいたします。

不当解雇、、、
本当はもっと多くの「解決金」を会社から支払って貰えてたはずなのに、ちゃんとした解決方法を知らないために、本来もらえるはずの半分しか貰えない・・・そうなる前に先ずはこの小冊子をお読み下さい。ただいま期間限定無料でテスト配信中!
「不当解雇で解雇予告手当を請求するな!」>>小冊子←ココをクリック
不当解雇・サービス残業阻止運動推進中!
裁判外のあっせんを申立てることを条件に労働審判までをトータルサポート!
事件が解決に至らなかったときは着手金をお返しいたします!
詳しくはこちら>>あっせん・労働審判110番

社長さん、労使トラブルを長期化させないでください!詳しくはこちら>>賢い事業主の方へ

採用内定 取消し 相談 解決


ページメニュー
トップ
不当解雇
普通解雇
整理解雇
懲戒解雇
契約社員の雇止め
採用内定の取消し
試用期間
退職願の撤回
退職強要
あっせん・労働審判110番
賢い事業主の方へ
賃金
残業代請求
お水のための労働相談
セクハラ
パワハラ
あっせん
労働審判
労使トラブルQ&A
不当解雇…
でも職場復帰はしたくない
お知らせ
業務・料金案内
リンク
プロフィール
ブログ&メルマガ
特定社労士を志す方へ
メールde無料相談
でんわde無料相談
小冊子

福岡県 社会保険労務士 おくむらおふぃす


個別労働関係紛争解決コンサルタント
社会保険労務士おくむらおふぃす
特定社会保険労務士 奥村隆信

福岡県社会保険労務士会会員番号
第4010935号
社会保険労務士登録番号
第40030040号

福岡市中央区春吉二丁目13−19
ピュアドーム天神アネックス505
電話 050-3615-6122
FAX 092-406-8767

営業時間:平日10時から18時

                                    無断転載・複製禁止 社会保険労務士おくむらおふぃす